いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

検索流入を増やすブログの記事タイトルを3ステップで決める|最低限これだけは意識したい!

スポンサーリンク

気合いを入れて渾身の一記事を作り上げても、タイトル次第では全く読まれないゴミと化す。

過去記事の中にも日の目を浴びないものがたくさん眠っていたりと。ところが少しタイトルを変更すると突然検索上位に進出、こんなことも意外と多いです。

記事タイトルはそれだけ重要。

だからこそ悩みます。そんなわけで今日は、検索流入を増やすために最低限これくらいは意識したいなぁと思える「記事タイトル」の決め方を3つのステップで紹介します。

簡単なSEO対策として初心者の方におすすめ。

1、狙ったキーワードの検索ボリュームを知る

f:id:hometaka5657:20180102222044j:plain


記事タイトルを決める時は検索ボリュームが多いキーワードを調べて取り入れることが一般的です。ではそのキーワードが毎月どのくらい検索されているのかを把握したいところ。

検索されないキーワードで1ページ目に表示されても、当たり前に反応がありません。


検索ボリュームを調べるツールとしてGoogleのキーワードプランナーが有名ですが、登録や使い方など多少難しさも感じます。

無料ツール・新巻鮭

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jp

今回はキーワード検索数チェックツール、aramakijyake.jpを活用していきます。無料で登録もなく、キーワードを入力するだけでおおよその数が表示されるので初心者にはとても使いやすいです。

キーワードを入力して表示されるのは、月間推定検索数をgoogleとyahoo別に。またそのキーワードで1~10位に表示された時の月間推定アクセス予測数まで教えてくれます。

1つデメリットをあげれば信憑性。どれくらいの正確性なのか正直わかりません。極端に検索数の少ない単語であれば「データが見つかりませんでした」と表示されてしまいます。

が、十分使えるレベルだと理解してもらう為にも以下で検証してます。参考までにどうぞ!

実際に使ってみましょう

「日本」で検索してみました。

f:id:hometaka5657:20180102140355j:plain

日本の月間検索数は

・Yahooで1,100,000
・Googleでは900,000


更に1~10位までに上位表示された場合のアクセス予測数がこちら!

f:id:hometaka5657:20180102140352j:plain

1位と2位でも4倍ほどの差。10位とは10倍以上の開きがあります。1つでも上に表示されると見返りは大きいですね。

次に、日本より検索数が少ないはずの「北海道」で検索してみました。

f:id:hometaka5657:20180102140347j:plain

北海道」の検索数は

・Yahooでは月間495001
・Googleでは405000


「札幌」「東京」で比較してみます。

f:id:hometaka5657:20180102140340j:plain
f:id:hometaka5657:20180102140335j:plain

札幌
・Yahoo:221,101
・Google:180,900

東京
・Yahoo:495,001
・Google:405,000


これらを見てわかるように、そこそこの精度で検索数は表示されているかと思います

Google検索結果

・日本:90,0000
・北海道:40,5000
・東京:40,5000
・札幌:180,900

検索ボリュームを調べるのであれば十分活用できるレベルかと。大体予想通りの結果です!

新巻鮭(aramakijyake.jp)活用のポイント

ちょっとした単語の違いで検索数はガラッと変わります。試しに以下を調べてみました

「TV」
Yahoo:11,882,000
Google:10,968,000

「テレビ」
Yahoo:270,600
Google:221,400


違いすぎるほど違いすぎませんか?検索結果に与える影響も大きいです。タイトルに「テレビ」とつけてるのであれば迷わず「TV」に変えたいところ。

 

2、googlekeywordを使って複合キーワードを選定

f:id:hometaka5657:20180102212005j:plain


ステップ1で柱となるキーワードは決まりますが、キーワードは2~3個いれたいところです。

そんな時にはgooglekeywordが便利。

goodkeyword - Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール


新巻鮭と同様に登録なしで簡単仕様。ステップ1のキーワードをここに入力すれば複合キーワードがズラ~っと並びます。

ここではGoogleやYahooのサジェスト、関連、複合キーワードが表示されます。簡単に説明すると複合語としてユーザーが良く検索している語です。

例えばブログと入力すれば

ブログ 村、ブログ 収入、ブログ 始める、ブログ 稼ぐ。など、いかにもユーザーが興味を持っていそうな複合語をデータが教えてくれます。

ここから記事タイトルの複合語を選んであげると必然とSEO対策になります。加えて自分で発想できなかった単語もでてくるので良いヒントになりますね。

これらはタイトルのみではなく記事中にも入れることで、さらにSEO効果として期待できるので活用したいところです。

3、キーワードは左に寄せる

f:id:hometaka5657:20180102224625p:plain

最期の作業として、選定したキーワードは出来る限りは左に寄せます。左が一番伝えたいキーワードとして判断され、上位表示されやすくなる傾向にあり、クリックもされやすくなります。

右に行くほどSEO効果が低くなるように感じています

とは言っても全てを左に寄せるだけの一辺倒では魅力のない違和感ありありなタイトルになる時が多々あります。あくまでも自然に仕上がる感じで、真ん中より左寄りかなぁというくらいに考えています。

まとめ

1、aramakijake.jpでキーワード選定
2、googlekeywordで複合語を
3、キーワードは左寄せ

簡単でもSEO対策として使えるタイトルの決め方でした。検索流入に目的を置いた場合、タイトルとして少し物足りなくつまらない感じになりがちです。

が、それでいいのです!