いまいちど

子育てパパの雑記ブログ。主にガジェット、熱帯魚、ライフスタイル、ブログについて語ります。

GEXグラステリアスリム600水槽を使用してみてのメリットとデメリット


主にメインでグッピーを飼育しようと数年前にGEX(ジェックス)グラステリアスリム600を購入しました。

当初30㎝の同メーカーを使ってましたが60㎝に買い替えた次第です。変更した理由と、メリットやデメリットを書いていくので参考になればと思います。

GEXグラステリア300 6点セットを購入して失敗

我が家には小さな子がいまして、出来れば高いところに設置して簡単に触れないようにしたい。そう思って最初に選んだのは同じメーカーのグラステリア300セットだった。

ジェックス グラステリア300 6点セット

ジェックス グラステリア300 6点セット

 

とりあえず問題なく飼育できれば簡単な設備で良いと思ってたのでこれで十分。置きたいところは対面キッチンの僅か20㎝程の細い場所、必然とスリムな設計になった。サイズは30×20×25cm、奥行き20㎝はかなりスリム。

水量約13Lでセット時の重量は18kgくらい


でもこれを購入したのは失敗、というか我が家には合わなかった。

ジェックス スリムフィルター S

付属の外掛け式フィルターでは水流が強すぎた。グッピーの尾びれは大きくヒラヒラしているので強い水流では疲れてしまう。スリム設計では休める場所がなく完全に水流に負けていた。

この経験を得て60㎝に切り替えました。置き場所に変わりはないのでスリムが条件を元に。

GEXグラステリアスリム600 6点セットを購入

ジェックス グラステリアスリム600 6点セット

サイズ60×20×25cmで水量26L


6点セットといっても重宝するのは水槽、水槽のフタ、フィルター、クッションマットぐらい。おまけで少量のカルキ抜きと水質調整剤は消耗品。

最低限これに水温計とヒーター・サーモスタットが必要になってきます。ヒーターは温度固定より調整式の方が使い道が広がり重宝します。

・詳しくはこちらのページをご覧ください。

信頼できる水槽のヒーター!おすすめはGEXのサーモスタット一体型|水温調節可

 

もう1つ言わせてもらうと、底砂を敷かないベアタンクで良いならこのまま飼育できますが、見栄えを気にするなら底砂はあった方が素敵です。

・こんなページも参考になります

田砂とボトムサンドの特徴と比較!使いやすいのはどっち?



ガラスの接合部はクリアシリコンで見た目はとても綺麗、インテリアとしても活躍してくれます。何よりこの価格で考えるとコスパは高いですね。

安価ですが高級感があります。

スリム水槽のメリット

サイズや重量からくる置き場所問題、スリムなら悪条件でもクリアできます。スリム水槽は奥行きと高さが圧倒的に抑えられているのがメリット。『思ったより高さがない、奥行きがない』というレビューをよく見かけますが、これがスリムの最大の特徴で良いところです。


比較してみると一目瞭然。

・一般的な60cm規格水槽
60×30×36cm・水量は約60L

・GEXスリム60cm水槽
60×20×25cm・水量は約26L


更に水槽や機器の重さで差が開きます。60㎝規格は高いところに設置するとメンテナンスが困難、その重量から設置場所はしっかりしたものでないと崩壊など大参事に繋がることも。掃除に関しては60㎝規格のそれと比べるとずいぶん楽になります。

スリム水槽のデメリット

基本的には60㎝規格の奥行きと高さを短くしたので狭いです。飼える量も減ります。沢山いると水質悪化の原因になるので注意が必要。

レイアウトは迫力にかける。奥行きがないので世界観が広がらないなぁと感じることはあります。

でも、これらを含めた上でスリム水槽と考えるべきだと思ってます。どちらの設計にもメリットとデメリットがあるので、飼育する人がどう考えるか。本気で立派なアクアリウムにしたい!という方はやっぱり60㎝規格、90㎝規格の方が間違いなくアレンジできます。

セット内容の外掛け式フィルターの問題

ジェックス スリムフィルター L

スリムフィルターLが付属品


外掛け式のフィルターは物理ろ過中心なので水質が安定しないという問題はあるかと。ろ過力を考えると上部式や外部式には勝てません。

ただ悪いところばかりではなく付属されたスリムフィルターはメンテナンスが簡単。汚れ具合もわかりやすく掃除をするタイミングを掴みやすいです。あと、このスリムフィルターはとても静穏なところが素晴らしい。

外掛け式フィルターのろ過力を補うために改造を行ったり、中に専用ろ材を入れる等はアクアショップでも助長している一般的なものになりました。


こちらが外掛けフィルター用ろ材


これらをポン!っと入れとくだけでろ過力がアップします。
外掛け式フィルターに最初から付属されるろ材自体は定期的な交換が必要。でもこれらは洗えば基本ずっと使えるので全部交換するとコストがかからなくなります。(交換時期など説明に書いてあるものもありますが、破損してボロボロになるくらいまで使えちゃいます)

選択するべきは使途

何をどの程度飼育するのか、どこに置きたいのか、予算なども。時間をどの程度かけてあげれるのか、ここらも選択のポイントでしょうか。

水の量は多ければ多いほど水質と温度は安定します。30㎝スリムの13Lは室温がモロに影響しました。ヒーターもその度に作動すれば電気代もかかりますし、水温の変動は熱帯魚にも負担がかかります。

・電気代が気になる方は参考までに

熱帯魚のヒーターは電気代が高い?3台同時使用しての感想


・スリムなら600が使いやすい。

先に述べたようにスリム600を購入してみたものの、付属の外掛け式フィルターに後悔する方もおられます。

そんな時には多少コストがプラスになりますが、水槽と必要なモノを別に購入するのも自分好みにできてより愛着がもてます。うちは2台目をそう選択してみました。 

実際に我が家で使用中、グラステリアスリム600の画像です

f:id:hometaka5657:20180204233852j:plain

(今現在の様子)

ジェックスシリーズでまとめてみました。

サブフィルターとしてテトラのブリラントフィルターは、スドーサテライトに直結するためでもあります。

・こんな記事も書いてます

スドーサテライトの音はうるさい?静かにする2つのおすすめ方法

スドーサテライトとは?産卵箱との違いや種類と使い方|熱帯魚の飼育

GEX グラステリアスリム600 6点セットの方になります

ヒーターさえあれば冬でもすぐに稼働できます。

ヒーターはジェックス New セーフカバー ヒートナビ SH-120

4種類あるgexヒートナビは水槽のサイズに合わせて選びます。水量26Lのグラステリアスリムには120Wが最適で電気代も抑えられます。

信頼できる水槽のヒーター!おすすめはGEXのサーモスタット一体型|水温調節可

LEDはジェックス クリアLED パワーⅢ 600

消費電力17.5W

12時間使用しても1日にすると約5円程度。赤・青・白の3色切り替えLEDが楽しめ、スリム600に使用するとすみずみまで明るくなります。

市販で購入すると高く感じますが、ネットでは2~3千円安いのも大きなポイントです。

田砂

LEDがかなり明るいので底砂は落ち着いて見える田砂を使用してます。田砂は比重が重く舞い上がりにくいため掃除がしやすく人気の商品。

田砂とボトムサンドの特徴と比較!使いやすいのはどっち?

 

我が家には子供がいるのでスリム水槽以外は考えてませんでした。低い位置に設置すると触ってみたりよじ登ってみたりと、危ないので避けてます。

これまでスリム水槽を使ってきて思うのはやっぱり楽です。掃除に時間をとられないのは大きい。そしてガラスのみのフレームレス水槽はおしゃれで使い勝手の良い水槽です。


▼関連記事

グッピーは増やさないように飼育しないと大変なことに

エアーポンプの音がうるさい問題は水心に替えると解決できる